江別こばやし眼科のICLはおすすめ?費用や特徴を調べてみた

江別こばやし眼科

札幌ICLガイド管理人江別市にある江別こばやし眼科は、札幌医大眼科 地域連携強化医院に指定されているクリニックです。

江別市でICLが受けられること自体嬉しいことですが、実際どんな内容なのか気になりますよね。

治療メニューはICLを始め、近視治療オルソケラトロジーなど患者の生活の質を上げる治療を提供しています。

今回は江別こばやし眼科について詳しく紹介します。
 

江別こばやし眼科のICL費用

ICL価格
レンズ 料金
ICL 乱視なし 660,000円
ICL 乱視あり 770,000円
(※両眼、税込み価格)
初期検査の費用

5,500円(税込)

この料金には、手術費用、レンズ代金、術後の検査、診察、投薬がすべて含まれています(期間は不明)。

ICLは自由診療のため公費負担がなくどうしても高額治療となってしまいます。

クリニックにより金額に差がありますが、江別こばやし眼科は全国平均なみの値段といえるでしょう。

 
 

江別こばやし眼科の特徴

車いすの患者

院内は全てバリアフリー。車いすの装備もあり、受付や待合室は車いすの通れる十分なスペースも確保されています。

多目的トイレは車いすも入れるようになっておりオムツ交換も可能。車椅子の患者でもスムーズに手術が受けられます。

検査は国家資格のある看護師・視能訓練士のみが対応。

また、手術室内部を家族が待合室から見学することもできるので、家族には安心かもしれません。

江別こばやし眼科の治療メニュー

江別こばやし眼科では、多彩な治療メニューを用意しており手術にも定評があります。例えば

白内障手術で多焦点眼内レンズの手術
網膜剥離の緊急手術
網膜硝子体の日帰り手術
涙目(涙道内視鏡による)
ICL(眼内コンタクトレンズ)

など、ハイスペックな手術をこなします。その他、

近視治療オルソケラトロジー
色覚異常
弱視や斜視の検査
眼鏡を適切に使用するための指導

といった、手術以外の方法で見え方による生活の質を上げる治療や指導もされています。こういった治療や指導は子供や若年層に特に有効です。

江別こばやし眼科の医師

江別こばやし眼科の小林和夫院長は、特に手術の執刀に力を入れておられ、これまでの経験を生かして地域の方々の医療に貢献したいと語っています。

小林院長いわく「患者さんには常に自分や身内だったらという姿勢」でスタッフとともに親身になって対応するように心がけているのだそうです。

経歴紹介

[院長] 小林 和夫


札幌医大医学部卒業後、江別市立病院、札幌医大附属病院、浦河赤十字病院を経て札幌医大附属病院で助教授として網膜硝子体外来・白内障外来・角膜外来・未熟児網膜症外来などを担当。

江別こばやし眼科の口コミ

江別こばやし眼科の口コミを調べてみると

「市立病院にいらっしゃる頃からお世話になっているとても信頼できる先生。」

「一人一人に丁寧な診察でとても安心。」

といった良い評価の口コミが見られました。
 

ICL治療について

穴あきICLレンズ

江別こばやし眼科は、眼内コンタクトレンズ(ICL)認定施設です。(2020年7月~)

従来の視力矯正の手術のレーシックと異なり、角膜を削らないで虹彩と水晶体の間にレンズをインプラントする方法で、近視や乱視の新しい視力矯正の方法として注目されています。

ICLのメリット

ICLのメリットは、レーシックとの比較で次のような点があげられます。

 クリアな視界


術後のコントラスト感度が良好でクリアな視界が得られます。レーシックは術後のコントラストがICLほど鮮明ではありません。

 ドライアイになりにくい


ICLはドライアイの原因になりにくく、レーシックは角膜を削るためドライアイになりやすい。

 ハロー・グレアが少ない


夜間のハロー・グレアが少ないので、車を運転するお仕事の方にもおすすめです。

 強度近視や乱視でも受けられる


強い近視や乱視の方でも矯正可能。レーシックは角膜を削るため強い近視や乱視には対応できません。
 

江別こばやし眼科の詳細データ

江別こばやし眼科の外観

江別こばやし眼科の住所・場所

北海道江別市元町27-3

アクセス

・中央バス「2番通4丁目」下車すぐ
・自動車:2番通沿い

公式サイト

https://www.kobayashiganka.jp/

江別こばやし眼科の駐車場

あり(第1駐車場8台、第2駐車場13台)

診療時間

9:00~12:00、14:00~18:00
(火曜午後は17:00まで、水木の午後は手術)

休診日

日曜、祝日、土曜午後

あわせて読みたい!